良質なコンパクトカー情報サイト2つ(カーシェア、車購入・売却などの長文記事も掲載)

カテゴリ サイト種別 メディア

案件情報

案件名 良質なコンパクトカー情報サイト2つ(カーシェア、車購入・売却などの長文記事も掲載)
売却希望額 30 万円
公開日 2020/01/17
月間売上 167 円
月間経費 3320 円
月間利益 -3153 円
PV 750 PV UU 540 人
会員数 --- メール到達数 ---
サイト概要
▼新聞社仕込みの良質な記事
管理人は長く大手新聞社に勤め、著名な自動車ライターのコラムを担当したり、自分でプレミアムカーについての読み物記事を書いておりました。当サイトでは、この経験を生かして、やわらかく読みやすい文章で、クルマ好きの方々の共感を得られそうな切り口の記事をまとめております。外部記事は一切使っておらず、すべて独自記事です。

▼記事内容を最新にアップグレード済み
コンパクトカー市場ではこの半年ほどで大変動が重なりました。「ヤリス」「フィット」「BMW1シリーズ」「アウディA1」など、主要車種のフルモデルチェンジが相次ぎました。マツダの人気車「デミオ」も、車名を「MAZDA2」にする大規模なマイナーチェンジを果たしました。カーシェアリングでも、消費増税のタイミングですべて料金体系の変更があり、大手ではサービス自体の大幅変更もありました。こうした一連の大きな変化を踏まえ、今回の売却にあたって、ご購入者さまがすぐに使えるように、すべて2020年1月時点の最新情報に記事をアップグレードしておきました(現時点で正確なデータが確認できないものなどを除きます)。

▼旧型になった車についてもスライド式で閲覧可能
フルモデルチェンジした車などについては、新型の情報が見られるように記事をアップグレードいたしましたが、車関連ではむしろ旧型車の情報を求める読者もいます。そこで、記事中の一文をクリックすれば旧型車の情報が表示されるようにしておきました。この基本骨格をつくっておきましたので、ご購入者さまは今後、掲載車種のフルモデルチェンジがあっても慌てることなく、新型情報を加筆し、旧型情報もあわせて閲覧できるように手直しをすればいいだけです。フルモデルチェンジに振り回されることなく、むしろ、フルモデルチェンジごとに記事を重層化=Googleの評価アップにつなげていける仕組みになっています。

▼Googleアルゴリズム変動にも強い「大きな幹」になります
当サイトをつくったきっかけは、Googleのアルゴリズム変動にも強いアフィリエイトサイト体系を構築したいという点にありました。そのためには、まず読者の「共感」を得られるコンテンツが中心になければいけないと考えました。そこで当サイトについては、アフィリエイトサイト群の「大きな幹」になるように仕上げております。もし今回、当サイトのご購入希望者さまがいらっしゃらなければ、私は今後、当サイトに個別アフィリエイト案件の詳細な長文記事(丁寧な記事)をどんどん加えていくつもりです。大きな幹に「枝葉」をつけていくイメージです。さらに、個別アフィリエイト案件の専門サイト(小規模サイト)を量産して、そこから被リンクを送ります。SNSからもどんどん誘客する予定です。当サイトをそのように活用していただければ、安定した収益基盤が得られると予想しております。

▼カーシェア、車購入、車売却の3記事には、それぞれ1サイトつくれるほどの分量と中身があります。オーガニック検索やSNS活用によって集客が増えれば、安定した収益が得られると思われます。

3記事にはアフィリエイト案件が入っています。(1)カーシェア記事=タイムズカーシェア(ASPはバリューコマース)、オリックスカーシェア(AFRo)、カレコ(アクセストレード、afb)、ニッポンレンタカー(バリューコマース)、(2)車購入記事=オートックワンのMOTA(バリューコマース)、(3)車売却記事=ユーカーパック(アクセストレード、A8)、カーセンサー(A8)です。ただ、アフィリエイトリンクは貼っていません。ご購入者さまが個々のASPに加入し、リンクを付ける必要があります。

▼サブサイト(未完成)をおまけで付けます
往年のコンパクトカーについては専用サイトを設けて、サブサイトとして紐づけております。このサブサイトはまだ基本的な骨組みができただけで、PVをとれる状況ではありません。いまはYouTube動画を紹介しているのみですが、ここに個々の車のデータなどを加筆していけば、こちらからの集客も見込めるでしょう。

このサブサイトは現在、当サイトとは別の共用サーバーを利用しているのですが、当サイト運営用の同じサーバーに入れてしまって問題ないと思います。

【補足事項】
▼執筆者名について
当サイトは、元新聞記者のdadという個人のサイトとして運営しております。一人称の記述もあります。dadという執筆者名をそのままお使いいただくことはもちろん、まったく問題ございませんが、「元新聞記者」というプロフィール設定だけは、譲渡前に削除させてください。プロフィールが独り歩きすることを新聞社のほうで問題視するリスクがあります。この先、dadという執筆者名で加筆していかれることに違和感があれば、たとえば別の執筆者名で執筆し、記事ごとに執筆者名を入れる手法でいかがでしょうか。コンパクトカー好きの …
アピール
▼新聞社仕込みの良質な記事
管理人は長く大手新聞社に勤め、著名な自動車ライターのコラムを担当したり、自分でプレミアムカーについての読み物記事を書いておりました。当サイトでは、この経験を生かして、やわらかく読みやすい文章で、クルマ好きの方々の共感を得られそうな切り口の記事をまとめております。外部記事は一切使っておらず、すべて独自記事です。

▼記事内容を最新にアップグレード済み
コンパクトカー市場ではこの半年ほどで大変動が重なりました。「ヤリス」「フィット」「BMW1シリーズ」「アウディA1」など、主要車種のフルモデルチェンジが相次ぎました。マツダの人気車「デミオ」も、車名を「MAZDA2」にする大規模なマイナーチェンジを果たしました。カーシェアリングでも、消費増税のタイミングですべて料金体系の変更があり、大手ではサービス自体の大幅変更もありました。こうした一連の大きな変化を踏まえ、今回の売却にあたって、ご購入者さまがすぐに使えるように、すべて2020年1月時点の最新情報に記事をアップグレードしておきました(現時点で正確なデータが確認できないものなどを除きます)。

▼旧型になった車についてもスライド式で閲覧可能
フルモデルチェンジした車などについては、新型の情報が見られるように記事をアップグレードいたしましたが、車関連ではむしろ旧型車の情報を求める読者もいます。そこで、記事中の一文をクリックすれば旧型車の情報が表示されるようにしておきました。この基本骨格をつくっておきましたので、ご購入者さまは今後、掲載車種のフルモデルチェンジがあっても慌てることなく、新型情報を加筆し、旧型情報もあわせて閲覧できるように手直しをすればいいだけです。フルモデルチェンジに振り回されることなく、むしろ、フルモデルチェンジごとに記事を重層化=Googleの評価アップにつなげていける仕組みになっています。

▼Googleアルゴリズム変動にも強い「大きな幹」になります
当サイトをつくったきっかけは、Googleのアルゴリズム変動にも強いアフィリエイトサイト体系を構築したいという点にありました。そのためには、まず読者の「共感」を得られるコンテンツが中心になければいけないと考えました。そこで当サイトについては、アフィリエイトサイト群の「大きな幹」になるように仕上げております。もし今回、当サイトのご購入希望者さまがいらっしゃらなければ、私は今後、当サイトに個別アフィリエイト案件の詳細な長文記事(丁寧な記事)をどんどん加えていくつもりです。大きな幹に「枝葉」をつけていくイメージです。さらに、個別アフィリエイト案件の専門サイト(小規模サイト)を量産して、そこから被リンクを送ります。SNSからもどんどん誘客する予定です。当サイトをそのように活用していただければ、安定した収益基盤が得られると予想しております。

▼カーシェア、車購入、車売却の3記事には、それぞれ1サイトつくれるほどの分量と中身があります。オーガニック検索やSNS活用によって集客が増えれば、安定した収益が得られると思われます。

3記事にはアフィリエイト案件が入っています。(1)カーシェア記事=タイムズカーシェア(ASPはバリューコマース)、オリックスカーシェア(AFRo)、カレコ(アクセストレード、afb)、ニッポンレンタカー(バリューコマース)、(2)車購入記事=オートックワンのMOTA(バリューコマース)、(3)車売却記事=ユーカーパック(アクセストレード、A8)、カーセンサー(A8)です。ただ、アフィリエイトリンクは貼っていません。ご購入者さまが個々のASPに加入し、リンクを付ける必要があります。

▼サブサイト(未完成)をおまけで付けます
往年のコンパクトカーについては専用サイトを設けて、サブサイトとして紐づけております。このサブサイトはまだ基本的な骨組みができただけで、PVをとれる状況ではありません。いまはYouTube動画を紹介しているのみですが、ここに個々の車のデータなどを加筆していけば、こちらからの集客も見込めるでしょう。

このサブサイトは現在、当サイトとは別の共用サーバーを利用しているのですが、当サイト運営用の同じサーバーに入れてしまって問題ないと思います。

【補足事項】
▼執筆者名について
当サイトは、元新聞記者のdadという個人のサイトとして運営しております。一人称の記述もあります。dadという執筆者名をそのままお使いいただくことはもちろん、まったく問題ございませんが、「元新聞記者」というプロフィール設定だけは、譲渡前に削除させてください。プロフィールが独り歩きすることを新聞社のほうで問題視するリスクがあります。この先、dadという執筆者名で加筆していかれることに違和感があれば、たとえば別の執筆者名で執筆し、記事ごとに執筆者名を入れる手法でいかがでしょうか。コンパクトカー好きの愉快な仲間たちによる共同執筆サイトというかたちであれば、dadのほかに別の執筆者が入っても自然かと存じます。

▼ワードプレステーマについて
当サイトは、有料ワードプレステーマ「Affinger5」(プロ仕様のEX版)でつくっております。おまけとして付けさせていただくサブサイトは、同じく有料ワードプレステーマのTCD「GENSEN」でつくっております。もしこれ以外のテーマを利用する場合には、現在のデザインが崩れるリスクがありますのでご承知おきください。またサブテーマの「GENSEN」は、高度なビジュアルデザインが魅力なのですが、操作はむずかしめです。現在の設定で、個別ページにテキストデータなどを加筆していく分には、作業は簡単だと思いますが、このテーマについて習熟していかないとデザイン変更はむずかしいかもしれません。両テーマの使い方などのサポートは行いませんので、その点はどうかご了承ください。

▼背景動画について
当サイトも、サブサイトも、トップページの背景には、YouTube動画を入れています。クルマ好きの読者が楽しんでくれそうな雰囲気の動画を探して、設定しております。この動画はもちろん、ご購入者さまがYouTubeから選び直すこともできます。たとえば、春には、花畑をドライブしている車の動画を流したり、注目になっている新型車のメーカー提供動画を流したり、いろいろ遊ぶこともできるかと思います。

▼はてなブログについて
一時的に「はてなブログ」で関連ブログを作成したことがあります。ただ、余力がなくて3記事しか入れられませんでした。現在、ブログは閉鎖しております。そのときの3記事は、当サイトに「読み物ブログ」として盛り込んでおります。

▼Twitterアカウントについて
当サイト用に、Twitterアカウントを持っておりますが、まだ数回しかツイートしておらず、フォロワーもいません。このため、これを譲渡させていただくよりも、ご購入者さまご自身が新規におつくりになるほうが手間もなく、早いと思い、譲渡対象には含めておりません。売却後はもちろん、こちらのアカウントは閉鎖します。
対応メディア
  • PCサイト
  • スマホサイト
ビジネスモデル
運営開始時期 2019年02月
使用プログラム
  • PHP
使用DB
更新内容 1人

1人
譲渡対象物 サイトコンテンツ,ドメイン
売却希望額 30 万円 売却希望時期
売却額説明
売却理由 2019年4月に本サイトを開設しましたが、多忙で記事を増やせませんでした。当初は、もうひとつ、マツダ「デミオ」の専門サイトを設けて、そこに一番注力していたのですが、「デミオ」が「MAZDA2」に変わり、その専門サイトは一瞬で存在価値を失いました。さらに、上述のさまざまな大変動があったために意欲を失いました。「デミオ」サイトのリンクをあちこちに載せたままで、さらに古い情報ばかりの当サイトは、当然ながらPVの伸び悩みに直面しました。

こうしたことから今回、譲渡させていただきたいと考えました。ただ、ご購入者さまがすぐ使えるように当サイトを抜本的にリニューアルした結果、譲渡に迷いも生じております。もし当サイトを評価してくださる方がいらっしゃった場合だけ、譲渡させていただきたいと存じます。

当サイトには、モデルチェンジによって読者を失わないように、前述のように工夫を加えております。Googleのアルゴリズム変動にも、車のモデルチェンジにも「打たれ強い」サイトになっていると自負しておりますので、どうかご活用ください。

サイト売買メルマガ

3秒で登録完了

毎日5~10件の新規サイト売買情報が届きます!

無料登録はこちら

サイトバンクには日本中の全てのサイト売却案件が集まりますので、「絶対に」あなたが欲しくなるサイト・アプリの売買情報が見つかります!

サイト売却をお考えなら

売却も完全無料

掲載~商談・成約まで完全無料でご利用できます

売主登録はこちら

現在、サイト売却も完全無料でご利用いただけますので、お気軽にご登録ください。

日本最大級のサイト売却案件・サイトM&A案件情報が集まるサイトバンク

サイトバンクは多くのサイト売却(M&A)案件をまとめたサイト売却案件情報ポータルサイトです!
「この案件見落としていた!」をなくすために多くの情報を網羅できるように毎日情報を更新しています。